お役立ち情報

結婚準備について2018年02月22日

結婚式を挙げることになったけど、
何から決めればいいのか分からない・・・

式場を決まれば後はプランナーさんにお任せしよう・・・

結婚式は決めることが多く、不安な方も多いのではないでしょうか。

不安要素が多い時こそ、事前準備が大切です!!

今回は、結婚式の事前準備について紹介します。


1.結婚式場を決める


余裕をもって結婚式準備を進めたいなら、挙式1年前~10ヶ月前には会場を決めておくのがオススメです。

人気のシーズン、大安と言ったお日柄の良い日だと、すぐ埋まってしまう可能性があります。。。

会場にこだわりたい方は、早めにフェアなどに参加し、決めておくといいでしょう。

式場選びのポイント

・イメージ
・予算
・時期
・人数
・場所

お互いの両親にも意見を聞き、
具体化していきましょう!!

 


2.ゲストのリストアップ


だいたい、挙式の4~3ヶ月前に式場との1回目の打ち合わせがあるので、それまでに招待する人を決めておきます。

ゲストのリストアップのポイント

1.呼びたい人を書き出す

2.親族のうち誰を呼ぶか、親に相談する

3.主賓、受付、スピーチを誰に頼むか決める

4.遠方の人の交通費や宿泊費をどのくらい負担するか話し合う

電話やメールでゲストへ報告をし、

結婚式の日程や会場の場所を伝えて、出席できるか確認しましょう。

このとき、結婚式でのあいさつやスピーチもお願いしておくとスムーズです。

また、遠方に住んでいる人へは、交通費や宿泊費についても伝えておきましょう。

 


3.招待状の発送・席次


招待状は、挙式3ヶ月前には作りはじめて、2ヶ月前までに発送、という人が多いようです。

招待状への返信の期限は、後でバタバタしないためにも、1ヶ月前くらいに設定しておくのがオススメですね。

返信の期限になったら、はがきをチェックして出欠を確認。

それから、席次、つまりゲストの席順を決めていきましょう。

席次が決まったら、親やプランナーに見てもらって問題がないか確認を。

並行して、送迎バスや遠方からのゲストの交通チケット、宿泊先の手配もしていきます。

 


4.衣装・ヘアメイクを決める


花嫁さんの一番の気になるポイントといえば、衣装・ヘアメイクではないでしょうか。

決めるタイミングは、早ければよいというものでもありません。

挙式まで大きく時間が空いてしまうと、

「他のドレスの方がいいかも・・・?」
と迷いが出てきたり、

「太っちゃってサイズが合わない!」なんて悲しい事態になってしまったりするかもしれません。

ドレスを探しはじめるのは、挙式7ヶ月前を目安にするくらいがちょうど良さそうです。

それから、衣裳を選ぶときはドレスショップで試着をしますが、その前にやっておきたいことが3つあります。

・気に入ったドレスの写真を集める

・集めた写真から理想のドレスのイメージを固める

・ドレスを何着着るか話し合う

挙式の3ヶ月前にはドレスを決めて、
2週間くらい前に最終フィッティングができると良いですね。

衣裳が決まったら、次はヘアメイク。

ドレスとバランスの取れたメイクにしてもらえるよう、
予めリクエストしておきましょう。

間際になってイメージと違う!!
といった事がないよう注意して下さい。

 


5.撮影関係


大切な日の思い出はどうせならプロにとってもらいたい!!

とお考えの方も多いのではないでしょうか。

プロに頼む場合は、やはり早めにお願いしたほうが良いでしょう。

5~4ヶ月ぐらい前が目安です。


6.料理・飲み物を決める


料理はゲストの為にも慎重に決めたいですよね。
フェアなどに行くと試食会を行っておりますので、
是非参加して見てくださいね。

ボリュームは勿論、
アレルギー等がある人にもしっかり配慮しましょう。

また、最近ではデザートビュッフェなども流行っており、
デザートと料理のバランスもポイントになります。

 


7.ウェディングアイテム・装花・ブーケ


 

料理と同時進行で、ウェディングアイテムや装花も決めていきましょう。

ウェディングアイテムには、

・リングピロー
・ウェルカムボードなどのウェルカムグッズ
・演出に使う映像
・席次表・席札・メニュー表などのペーパーアイテム

があります。

アイテムの手配については、自分で作るか発注するかによってスケジュールが変わってきます。
手作りを予定している人は、半年ぐらい前から準備に取り掛かることをオススメしています。

 


8.披露宴の演出


自分たちのイメージに合うような、BGMをプランナーと決めていきましょう。
披露宴では、余興やお手紙、プロフィールムービーなどさまざまな催し物がありますので、
やりたい演出をリストアップして、プログラムに組み込んでいきましょう。

 


9.引き出物・プチギフトを決める


ゲストへのお礼として、重要な引き出物とプチギフト
引き出物は大体、4000円~5000円が相場。
時期としては、半年前から3ヶ月前までに品物を探して、
2ヶ月前には仮予約を!

プチギフトは、お色直しの再登場やお見送り時に手渡すもので、
300~500円位が相場です。
定番は、チョコなどのお菓子類です。
時期としては、演出に応じて1ヶ月前にはオーダーしておきましょう。

 


10.美容関係


結婚式当日は、人生で一番綺麗な状態で迎えたいですよね。
ブライダルエステに通われる方も多いのではないでしょうか。

大体、3ヶ月前から通い始める方が多いようです。
費用は大体、8万円~9万円前後

決して安くはない、ブライダルエステ・・・
メリット・デメリットを紹介します。

メリット
・リラックスが出来る
・最高のコンディションで迎える事が出来る
・自分ではケアできないところも施術してもらえる

デメリット
・費用が高い
・化粧品が高く、肌が荒れてしまう可能性がある

 


まとめ


いかがでしたか。

意外と決めることが多い、結婚式。

計画的に準備をし、最高の結婚式を迎えてくださいね♪♪

Popular Topics

〜よく見られている記事〜