お役立ち情報

結婚式のコスト削減ポイントまとめ2018年01月31日

 

結婚式は人生で大きな買い物のひとつですよね。
結婚式の費用金額は大体300万円前後となっております。

金額が大きいだけに失敗はしたくないけど、予算内で式を挙げたい方は多いのではないでしょうか。

事前に調べておくだけで、
予定よりもコストを抑えることができるかも知れません

今回は、無理なくコスト削減ができる方法をご紹介いたします。


アイテムを手作りする


♦ペーパーアイテム
・席次表
・席札
・ウェルカムボード
・料理のメニュー表

ペーパーアイテムは、百均やプチプラ雑貨店にも可愛いアイテムがそろっています。

ネット・SNSにもテンプレートやフォーマットが無料ダウンロードできるので、是非活用して見てください。

オススメサイト

Wedding Decor

どのくらいの節約になるのか??

席次表:全国平均/413円、手作り/217円、オーダー/623円、
メニュー表:全国平均/163円、手作り/77円、オーダー/317円、
席札:全国平均/169円、手作り/101円、オーダー/270円

引用 ゼクシィ

大体手作りすると費用は半額ぐらいになるようです。

♦リングピロー

♦プロフィールビデオ(エンディングムービー・オープニングムービー)

初心者でも簡単に動画編集ができる、ソフトがあるので安心です。

式場や業者にお願いすると、5万円ほど掛かりますが、
自作する場合、ソフト購入費でも1万円前後、になります。
無料のアプリなどを上手く利用すれば、タダで制作する事も可能です!!

オススメのソフトをご紹介します。

・スマホ、タブレットで作成する場合

・PCで作成する場合

プロフィールムービーを自作する際の注意点

・コメントの文字色と背景色に気をつける
→文字に影をつけるなどして、同化しないようにする

・DVD-Video形式にする

・写真を拡大しない
→画質が落ちて、誰だかわからなくなってしまう為

・映像の前後に黒を入れる

・画面サイズ(比率を調べる)

→4:3か16:9か

画面サイズ一覧

1920×1080=16:9(Blu-rayで制作する・HD撮影した動画を使う)
1440×1080=16:9(DVDで制作する・HD撮影した動画を使う)
720×480(アナモフィック)=16:9(DVDで制作する)
720×480=4:3(DVDで制作する)

プチプラ雑貨や百均アイテムを利用して、オリジナルのアイテムを作ってみてはいかがでしょうか。

手間を掛ける分、時間が掛かってしまいますので、時間管理には注意して下さいね。


会場に持込をする


・ドレス

・ブーケや装花類

・カメラマン

・プロフィールムービー等

ウェディングドレスや小物、装飾品を持ち込んだ人も。ただし、式場によって持込みができるものが違ってきますので、事前に確認しておきましょう。

式場関係の業者を利用するよりも、外注の業者を利用して費用を節約した方も多いようです。

特に、ブーケやドレス、プロフィールビデオなど、コストダウンできる幅が大きいようです。
ただ、品質で失敗しないよう、しっかり見極める必要はありそうです。


大安以外の日にちを選ぶ


ウェディングのシーズンといえば、秋と春になります。

過ごし易く、結婚式を挙げるには最適ですよね。

出来れば、大安吉日に挙げたいといった希望もあるのではないでしょうか。

しかし、人気日なだけにデメリットもあるようです。

・大安は希望の日にちを押さえることが難しい

・会場が混雑している

・スタッフがバタバタしている

・割引サービスがない

・カメラマンを押えにくい

お日柄よりも節約重視の方にオススメしたいのが、仏滅挙式です。

仏滅の日は、お祝い事は避けるべきといわれておりますが、

実は仏滅、大安、などは中国から伝来した「六曜」という暦カレンダーでしかなく、

現代でいえば、「日曜、月曜、火曜・・・」と同じ意味合いしかないのです。

仏滅に結婚式を挙げるメリットをご紹介します。

・予約がとりやすい

・時間が押したりすることなく、多少の融通がききやすい

・仏滅割引がある

ですが、ご両親などはやはり仏滅は避けて欲しいと思われる方もいらっしゃると思います。

そこで、次にご提案したいのが平日挙式です。

平日挙式は、ゲストの方を考えると懸念される方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、式場は平日にも集客したいと考えていますので、

様々なメリットがあります。

・休日・祝日よりも安く式を挙げることが出来る

・特別なサービスを受けることが出来る

・貸しきり状態でゆったりと過ごせる


まとめ


いかがでしたでしょうか

ハンドメイドやDIYなどをする事によって、節約する事ができます。

パートナーの方と一緒に作れば、思い出のアイテムになること間違いなし!!

節約を気にするあまり、料理や引き出物等を節約してしまうと、ケチってるな~という印象を持たれてしまうようです。

ゲストへのおもてなしを考えつつ、オリジナルアイテムで費用の節約に挑戦して見てはいかがでしょうか。

Popular Topics

〜よく見られている記事〜