お役立ち情報

後悔しない!結婚式当日の心得まとめ2018年02月19日

 

ついに迎えた結婚式当日!!
この日の為に、たくさんの労力や時間を費やした方は多いと思います。
事前準備は万全と思っていても、
当日は、忙しくバタバタしてしまう事が多いので、
「うっかりミス」や「忘れた!」等といった予期せぬハプニングがあるかもしれません。
今回は、そのようなことがないように、結婚式当日の心得を紹介します。

 

1.結婚式当日の朝。朝食はしっかり食べましょう!!


結婚式の当日は、式中は挨拶やテーブルを回ったりなど、
料理がしっかり食べられないことが多いです。

空腹のまま式に臨むと、気分が悪くなったりしてしまうので、
朝食はしっかり食べることをオススメします。

 

 

 

2.持ち物チェック


 

持ち物は忘れ物がないよう、事前準備を心がけましょう。

チェックリストを作成し、ダブルチェックを行うと安心ですね。

出かける前にもう一度チェックするのもポイントです。

 

貴重品
□指輪
□ジュエリー/アクセサリー
□ゲストへのお礼
□お車代
□スタッフへのお心付け
□新札
□現金

 

□ 指輪
挙式で「指輪交換」があるのに、「当日、結婚指輪を忘れてしまった!」という先輩カップルは意外と多いようです。
かならずチェックしておきましょう。

 

 

□ ジュエリー/アクセサリー
お祖母さんやお母さんから、「結婚式でこれを身につけて」とアクセサリーをもらった先輩花嫁もいるようです。

こういったジュエリーやアクセサリーは、欧米の言い伝えで「サムシングオールド」と呼ばれます。

富や幸せの象徴として「先祖から受け継がれた古いもの」のことをいい、花嫁のお守りになってくれるのだとか。

そんな大切な想いがこめられた品をなくしてしまっては大変です。

当日は、「アクセサリーボックス」などに入れて持って行くことをオススメします。

 

□ ゲストへのお礼やお車代、スタッフへのお心付け
受付やスピーチをしてくれたゲストへのお礼、遠方から来てくれたゲストのためのお車代、そして式場スタッフへのお心付け。

それぞれ準備しておきましょう。
お礼はそのまま渡すのではなく、封筒やぽち袋に入れてください。

 

ちなみに、お心付けを渡す式場スタッフとは主につぎの人たちです。

●プランナー
●キャプテン
(会場のサービススタッフのリーダー)
●介添人
(新郎新婦の後ろについてサポートする人)
●メイク
●着付けをしてくれる人
●司会
●カメラマン

 

□ 新札
結婚式当日には、急きょお礼を渡したい人が出てくることも。
新札と、それを入れる封筒やぽち袋は多めに用意しておきましょう。

 

 

□ 現金
結婚式当日に式場代を支払う場合は、そのお金を用意します。
追加料金や二次会会場への移動代も考え、多めに持って行きましょう。

現金は、万が一のことを考えて、親兄妹などに預けておいたほうが良さそうです。

生もの
□花束
□お菓子などのプチギフト
□ブーケ

 

身の回りの品など
□両親への手紙
□両親への記念品
□リングピロー
□財布
□携帯電話
□カメラ
□常備薬

□ 両親への手紙
感謝の思いをつづった両親への手紙は、結婚式が終わったあとも記念にとっておくことが多いものです。

 

折れやシワがつかないように、クリアファイルに入れておくのをオススメします。

 

□ リングピロー
結婚式当日、「指輪交換」が行われるまで結婚指輪を置いておくクッションのことです。

最近ではウェディング小物としてウェルカムスペースに置いたり、写真の「前撮り」で使ったりする人も増えています。

 

 

□ 携帯電話
当日ゲストから「急に行けなくなった!」など緊急の連絡があるかもしれないので、携帯電話は必ず手元に持っておきましょう。充電も忘れずに。

 

□ カメラ
「メイク完成!自撮りパシャ」
「控室で友だちと記念撮影!」

 

などなど、花嫁ならではのアングルを残しておけるので、カメラがあって良かったという声も多いようです。

 

□ 常備薬
結婚式では緊張や不安で、とつぜん頭やお腹が痛くなったという人もいます。
薬を用意しておくと安心ですね。

あったらうれしい!隠れた便利アイテム
絶対必須!ではないけれど、あれば嬉しい便利アイテムをご紹介します。

「持って行ったほうが良いかも?」というアイテムがあれば、自分のリストに追加してみてください。

□クレンジング
□制汗グッズ
□ウェットティッシュ
□ウコンエキスドリンク
□軽食&ドリンク
□ストロー
□大きいサイズのカバン(袋)

 

□ クレンジング

 

式当日、会場でスタッフに結婚式用のメイクアップをしてもらうとき、すでに自分でメイクをしてきていると、落とさないといけないことが多いので注意。

当日、メイクをして会場まで行きたい人は、クレンジングを持っていきましょう。

 

□ 制汗グッズ
真夏の結婚式では、屋外に出ると汗をかくこともあるかもしれません。

また、披露宴ではスポットライトを浴びることもあります。
スポットライトって、まぶしいだけじゃなく意外と暑いんです。

暑さにそなえて、着替えのたびに使える汗ふきシートなど、制汗グッズがあるといいですね。

 

□ ウェットティッシュ
ウェットティッシュは、手についてしまった汚れなどをふき取るのに便利なアイテム。持ち運び便利な小さいサイズを用意しましょう。

 

□ ウコンエキスドリンク

 

結婚式では、お酒を飲む機会がたくさんあります。
「お酒が弱い」という人は、二日酔い対策にウコンがおすすめ。

 

□ 軽食&ドリンク
披露宴では、
「ゲストへの挨拶でいっぱいいっぱい!料理に手をつけられない…」
なんてこともありえます。

そんなとき、控室におにぎりやサンドイッチがあれば、手軽にお腹を満たせます。
食べやすいように、一口サイズのものがGOOD。

 

□ ストロー
メイクしたままペットボトルに直接口をつけると、口紅がとれてしまうこともあります。
そんなときにストローがあれば、口紅の心配はせずに水分補給ができます。

 

□ 大きいサイズのカバン(袋)
結婚式では、ゲストからプレゼントをもらうこともあります。

持ち帰るときを考えて、キャリーバッグやボストンバッグなど、大きめサイズのカバンや袋を用意しましょう。

 

3.会場までの身だしなみ


ノーメイクでもOKな準備を

式場からは、メイクさんがヘアメイクをしやすいように、「当日はノーメイクで来てください」と指示されることが多いと思います。

スッピンでの外出が気になる人は、帽子やマスク、サングラスなど顔を隠せるアイテムを使って。

プロに美しくヘアメイクしてもらうのを楽しみに、会場までは、ノーメイクに整髪料もナシで我慢しましょう。

下着や服は、締め付けのないゆるめのものがオススメです。

きつい下着や服で体に跡が残ると、ドレスを着たときに目立つことも!

また、花嫁は結婚式当日、ただでさえ緊張しがちです。
それに加えて下着や服の締め付けがキツイと、気分が悪くなってしまうかも。

服はゆったりとしたものがベストです。

脱ぐときにヘアメイクを崩してしまわないように、前開きの服や、するりと下から脱げるワンピースなどがいいでしょう。

 

4.両親への挨拶


 

あわただしい結婚式当日の朝ですが、両親にはきちんと挨拶してから出かけましょう。

簡単でもいいので、「今日はよろしくお願いします」ということを伝えてくださいね。

結婚式当日の朝は花嫁にとってだけでなく、両親にとっても特別な時間です。

きちんとあいさつをすることで、お互い清々しい気持ちで結婚式に向かえますね。

ちなみに、家を出るときのあいさつといえば「行ってきます」ですが・・・

「『行ってきます』は『ただいま』とセットで使われる言葉。

『また家に帰ってくる』という意味になるので、結婚して家を出る花嫁は言わない方がいい」
という意見も。

縁起を大切にしたい人は、気にしてみてもいいかもしれませんね。

 

5.時間厳守


当日はもちろん、遅刻厳禁!

花嫁はヘアメイクに時間がかかるため、会場到着時間を、結婚式の2~3時間前に指定されるのが一般的です。

ギリギリに慌てないように、余裕を持って早起きしましょう。

荷物が多かったりスッピンだったりするので、移動手段は車だと安心。

タクシーを使う場合は、前日までに予約しておきましょう。

車を使う場合、渋滞やアクシデントも考えて、早めに家を出るよう心がけて。

結婚式当日の朝にするコトは、だいたいこんな感じです。

 

まとめ


いかがでしたか。

結婚式当日は、バタバタしてしまい思うようにスムーズに行かなかったり、思わぬハプニングが起こる可能性があります。

しっかり事前準備をして、リラックスして結婚式を迎えましょう!!

Popular Topics

〜よく見られている記事〜