お役立ち情報

今までの有難うを込めて~花嫁さんの手紙2017年11月12日

 

新婦さんのお手紙の基本

結婚式で重要なイベントのひとつ、それが、お父様お母様へのお手紙です。

今までの感謝を伝えるために、心のこもったお手紙を書きたいですよね。

なかなか手紙を書く機会がなく、筆が止まってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この記事では、例文つきでお手紙のポイントをまとめています。


・基本構成

花嫁の手紙の基本構成は、【前置き】【書き出し】【エピソード】【決意】【結び】の5つ。

それぞれに、自分の思いを綴った文章を当てはめていけばOK。

長すぎず、短すぎず、3分程度・600文字前後がベストです。

例文①お父さんお母さんへ感謝の気持ちあふれちゃってる編

 

【前置き】

皆様、本日はお忙しいところ、私達の結婚式にご列席いただきましてありがとうございました。

この場をお借りして、私を育ててくれた両親への感謝の気持ちを読ませていただくことをお許し下さい。

お父さん、お母さん、今まで25年間、私を大事に育ててくれて、

ありがとうございました。今日は感謝の気持ちを伝えたいと思い、手紙を書きました。

 

【エピソード~お父さん編】

お父さん、小さい頃は色々なところに連れて行ってくれてありがとう。

毎年夏に家族で行った●●は本当に楽しくて、今でもはっきりと覚えています。

夜遅くに帰って来るお父さんを待って、お父さんの夕飯を隣に座ってつまみ食いしたり、テレビを観たりしましたね。

お父さんの働く職場にもよく行ったね。

働く姿は家にいるお父さんからは想像できないほど、立派で格好いいです。

今日は一緒にバージンロードを歩き、花嫁姿を見せることができて、私は幸せです。

 

【エピソード~お母さん編】

お母さん、お母さんには言い尽くせないくらいの感謝の気持ちでいっぱいです。

私は甘えてばかりの娘でした。いつも心配をかけてごめんね。

でも、いつも側で一番近くで見守ってくれてありがとう。

元気のない時は友達のように相談に乗ってくれたり励ましてくれて、

いつも気にかけてくれる頼りになる母親です。努力家で、何事にも全力で取り組むお母さんですが、

たまには肩の力を抜いて、息抜きをして、体を大事にして下さい。

 

【未来予想図】

お父さん、お母さん、これまでたくさんの愛情を注いでくれてありがとうございました。

私はお父さんとお母さんの娘に生まれてこられて本当に幸せです。

今日からは、●●さんと一緒に、笑顔の絶えない明るい家庭を築いていきたいと思います。

お父さん、お母さん、これからも夫婦仲良くね。

そして、またたくさんの思い出を作りながら、親孝行させて下さい。今まで本当にありがとうございました。

 

【これからもどうぞよろしくね♪結び】

最後になりましたが、●●さんのお父さん、お母さん。

●●さんをとても素敵な人に育てていただきまして、ありがとうございます。また新しく、

  • ●家の家族として温かく迎え入れて下さって、本当にありがとうございます。
  • 至らないところの多い私で、これからご迷惑をおかけするかと思いますが、末永くよろしくお願いします。

まだまだ未熟者の私達ですが、長い道のり、二人で力を合わせていきますので、どうぞこれからもよろしくお願いします。


これだけは気を付けたい、NGワード集

結婚式という晴れの舞台では、使用すると縁起が悪いとされている『忌み言葉(いみことば)』があります。

手紙を書いたあとには、いま一度、忌み言葉が含まれていないかチェックしてみましょう。

式の雰囲気やゲストの層によって、どの程度まで気を付けるか悩んだ時は、プランナーさんなどに相談してみて!

 

【忌み言葉①別れを連想させる言葉】

別れる、切る、切れる、離れる、離婚、離縁、嫌い、帰る、帰す、

終わる、終える、破れる、破る、割る、割れる、去る、飽きる、捨てる、冷える、冷める、忙しい、壊れる、壊す、消える

×「ふたりで新しいスタートを切って」

○「ふたりで新しいスタートに立って」

 

【忌み言葉②再婚を連想させる言葉】

戻る、戻す、繰り返す、繰り返し、再び、再度、再婚、再三、二度、二回

×「繰り返しますが」

○「先程も申し上げましたが」

 

【忌み言葉③不幸を感じさせる言葉】

終わる、終える、破れる、破る、割る、割れる、去る、痛い、痛み、飽きる、捨てる、負ける、病む、病気、冷える、冷める、倒れる、倒産、忙しい、流れる、流す、壊れる、壊す、消える、消す、降りる、滅ぶ

×「本日はお忙しいところありがとうございました」

○「本日はご多用のところありがとうございました」

 

【忌み言葉④同じことを繰り返す重ね言葉】

度々、くれぐれも、皆々様、かえすがえす、重々、いろいろ、またまた、なおまた、

しばしば、次々、わざわざ、再三再四、たまたま、重ね重ね、いよいよ、再々

×「いろいろな思い出をありがとう」

○「たくさんの思い出をありがとう」

いかがでしたか?

花嫁の手紙は、ゲストにとっても心温まる演出のひとつ。

堅苦しい言葉や忌み言葉にとらわれ過ぎると、気持ちが伝わりにくい場合もあります。

忌み言葉などに注意して、素敵なお手紙を書いてくださいね!!!

Popular Topics

〜よく見られている記事〜