店長ブログ

神社参拝のマナー2017年12月25日

毎年、近所の氏神様へ今年一年を無事に過ごせた感謝と、
来年の挨拶を込めて初詣に行きます。

そこで、いつも気になるのが神社参拝のマナーです。

参拝時のマナーをまとめてみました。

神社のお参りの仕方
1. 鳥居をくぐるときに一礼する

2. 参道の端を歩く。

※真ん中は、「正中」といって、神様の通る道なので歩いてはいけません。

3. 参道の横にある「手水舎(てみずや)」で、手と口を清める。

(1)右手で柄杓(柄杓)を持って水をくみ、それを左手にかけて洗う。

(2)左手に柄杓を持ちかえて、右手を洗う。

(3)右手で柄杓を持ち、左の掌に水を入れて、その水で口をすすぐ。
  杓に直接口を付けてはいけません。
  
(4)もう一度、左手に水をかける。

(5)両手で柄杓を立てて、柄の部分に水を流す。

4. 本殿に行き、賽銭箱にお賽銭を納め、鈴を鳴らす。

5. 二礼二拍手一礼(二拝二拍手一拝)をする。

(1)二回深く頭を下げてお辞儀をする。

(2)胸の前で二回柏手(かしわで)を鳴らす(パンパンと手を打つ)。

右手を少し手前に引いてずらし、胸の高さで両手を肩幅程度に開き、「パン、パン」と拍手を2回打つ

(3)両手を揃えてお祈りをする

(4)もう一回お辞儀をする

鳥居をくぐる時には、帽子等はとりましょう。

引越しをして初めて参拝する際は、住所をお伝えするといいと言われています。

Popular Topics

〜よく見られている記事〜