店長ブログ

島根県の結婚式マナーやしきたり2017年01月25日

島根県の結婚式の伝統やしきたり

結納の儀について

島根県の結納の義に関して言えば、恋愛結婚やお見合い結婚に関わらず、吉日を選んで婚約を行う両人と両家の親が、結納を請け負う事が出来る料亭等で顔を合わせ、しきたりに従って結納の義を執り行います。

ちなみに、結納金の金額は50万円が目安となっています。

結婚式披露宴について

島根県の結婚式披露宴は、多くが披露宴の会場を持つホテルで行われる事が多く、特に縁結びの地として有名な島根県であるだけに披露宴会場も多く、特に出雲大社の周辺や松江市では県内外から多くの新婚カップルが披露宴を行っています。

また、宴席のメニューには必ず「出雲そば」が出され、末永いご縁を願うとの意味が込められているそうです。

結婚式披露宴に招待するゲストや、人数は?

結婚式の披露宴に招待するゲストは、新郎新婦の親戚一同、会社の上司・同僚、大切な親友と言った様に、幅広く招待し、大勢で新郎新婦の門出を祝います。

招待をする人数に特に決まりはありませんが、披露宴会場の定員を、双方の家の人数がほぼ同じ程度になる様に割り当てます。

結婚式にかかる費用について

結婚式にかかる費用については、式の内容によって異なりますから、結婚式をプロデュースする専門の業者に式を執り行いたい場所や内容等を細かく話し合いながら、全体的な見積もりを立ててもらうのが基本的です。

特に出雲大社や人気の式場は県内外からの申し込みが多いので、費用に関して考える場合、綿密な打ち合わせが必要になります。

ご祝儀について

島根県の結婚式に掛るご祝儀は、新郎新婦との付き合いや関係性によって決まりますが、親戚・目上の関係者であれば、基本的に5万円~3万円が相場になり、会社の同僚・同級生・友人であれば2万円~1万円が相場になります。

引き出物の内容や数について

島根県の結婚式に用いられる引き出物は、昔はお酒やお餅や鯛の干物などと言った、ある程度日持ちがして、出席が出来なかった人にも喜んでもらえる様な品物が主流でしたが、最近では個々の状況に応じて、自分で選んでもらうカタログ方式が主流となっています。

二次会について

二次会は、新郎新婦の友人達が別途企画して、地元の居酒屋などで行いますが、必ずしも挙式後直ぐに行うという事ではなく、日程を若干後に伸ばして行う事も珍しくはないのです。

特に新婦が妊娠中であった場合は、新婦の体調面を考慮して行います。

結婚式後の風習について

結婚式後の風習は、特に決まった風習があると言う訳では無いのですが、地元色の強い地区になると、地元自治体の方達が後日新郎新婦の門出を祝う宴席を設けたりします。

また、これと同じように地元の青年団や消防団に所属していた場合も、後日別にチームのメンバーがお祝いの宴席を設けるのです。

その他、地域独特の儀式やしきたり

島根県と一口に言っても、出雲・石見・隠岐の3地域に分かれており、それぞれが独自の儀式やしきたりを持っています。

中には大ぴらに言えないしきたりもあるので割愛しますが、どの地域も夫婦円満・家内安全・子宝祈願を願い、地域と夫婦の末永い幸せと繁栄を願うのです。

Popular Topics

〜よく見られている記事〜